納谷板金工業(仮)兼業P‐ブロガー’s blog

仕事をしながら趣味の内容や投資(株式・FX)の内容を記載し、サラリーマンとして働きながら副収入を得る方法を探っていく、兼業を確立していく過程のブログです。

富裕層はなぜ株式ではなく債券に投資するのか~発想を逆転させる~

2020/08/08/20:53


こんばんは 納谷板金工業(仮)兼業P-ブロガー です。

 

 

とある記事を読みました


会員登録をしていないので


記事の内容は部分的にしか分かりません

https://zuuonline.com/archives/219344

 

記事を要約すると


株式  ハイリスクハイリターン


債券  ローリスクローリターン


富裕層 資産・元手が沢山あるから


    リスクをとらなくても低い利率で


    お金を増やせる


こんな感じでしょうか?

 

 

私は富裕層ではありません


貧乏人はどーするべきでしょうか?

 

 

発想を逆転させる


今回の記事内容で対比されている表現は


株式 対 債券 です


また、富裕層という言葉もでてきているので


富裕層 対 貧乏人・一般人 という対比もできると思います

 

 

富裕層が債券なら


貧乏人・一般人は株式 というセットになると思います


資産が少ない人はリスクを受け入れる必要があるという事になると思います

 

 

リスクを狭小化


ノーリスクは不可能だと思いますが


リスクを減少させる事はできると思います


分散投資ドルコスト平均法 等ありますが


一番は信用取引をせず現物取引をする事ですね

 

 

現物取引


自分の持っているお金の範囲で


取引する方法です


最悪なケースでも購入した株式がゼロになるだけです


1万円でも100万円でも、ゼロになるだけ

 

 

信用取引


自分の持っているお金以上に


取引する方法です


プラスになる場合は現物取引よりリターンが大きいです


マイナスの場合はリスクか跳ね上がります


自分の資産を超えて信用取引して、ゼロになった場合は、破産になるんじゃないてしょうか??


昔のドラマで観た、家具や家電に赤い紙を貼られるヤツですね

 

私も株式初心者てすが、いろんな方が株式投資を経験して
資産形成して欲しいと思っています

 

 

kengyoup-blogger.hatenablog.com

 

 

kengyoup-blogger.hatenablog.com

 

 

kengyoup-blogger.hatenablog.com

 

以上です、読んでくれた方、ありがとうございました、失礼します。